あんしんくん_ホームインスペクション

Loading...

2018年01月19日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|
あんしんくんには検査会社と取扱店があります。

検査会社はあんしんくんの申込〜検査まで担当いたします。
取扱店は申込を受付け、お近くの検査会社へ依頼いたします。

ホームインスペクションについてお問合せなどありましたら
まずはお近くの検査会社または取扱店へご相談ください。

2018年01月15日 |総合|
中古住宅購入者の不安で一番多いのは、構造上の性能です。現在、日本における建物診断技術で、既存住宅の寿命を正確に計算することはできませんが、一定のメンテナンスを行うことで、住宅寿命を延ばすことは十分に可能です。もっといえば、住宅メンテナンスをちゃんとおこなっている住宅とそうでない住宅の寿命は数十年とも違いができると言われています。

2018年01月12日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

あんしんくんの検査依頼は、検査事業者・取扱店で受け付けております。 

最寄りのお店へお問い合わせください。


検査事業者はこちら
 

取扱店はこちら

 


2018年01月09日 |総合|
早く適正価格で自宅を売却したいなら、建物検査をしたり、修繕・補修の履歴を残すなど、第三者が納得できる材料を用意すること。

そして、こうした考えが浸透すれば、品質のよい既存住宅が市場に多く流通し、選択肢が増えていきます。


2018年01月05日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

このほど、一般社団法人全国住宅技術品質協会が、消費者・不動産事業者を対象に、

住宅の売買やインスペクション制度の活用等についての意識調査を実施しています。

 

買い主に対して、中古住宅購入時に「不安に感じること」を聞いたところ、

 

1位「売買契約後に欠陥住宅であることが判明すること」(83.2%)

2位「予算内で購入できるか」(78.0%)

3位「希望の物件が見つかるか」(76.0%)

4位「購入によって損をしないか」(75.8%)

との調査結果が出ました。

 

住宅検査(インスペクション)がをして「売却後のトラブルを防ぐ」ために

ぜひ、「あんしんくん」を活用されてみてはいかがでしょうか?


2017年12月29日 |ホームインスペクター|
あんしんくんの住宅調査は既存住宅インスペクション・ガイドラインのもと、公正な住宅調査を行っています。検査事業者はもちろん、検査人も知識や技術を持つもので、講習受講等を受けていますので安心してください。

2017年12月25日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|
住まいを長く住めるよう資産価値を維持させるためには、住宅の現状を把握する為の定期的なホームインスペクション(住宅調査)は必要不可欠です。

補修を怠った結果、大きな修繕が必要となってしまい、住宅の資産価値を大きく損なう可能性があります。

大事な資産である住宅を守るためには、定期的に適切な住宅検査を行うことをおすすめします。


2017年12月22日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

買主さんにとってのメリット

購入予定の住宅を調査(インスペクション)することで、欠陥や瑕疵物件を購入するリスクを軽減します。

また、公正な立場から調査(インスペクション)を行うため、メンテナンスに必要な大まかな費用をお伝えできます。

 

売主さんにとってのメリット

売主さんにとっては住宅の状態を明らかにし、公正な調査結果を開示することで、

買主に安心して購入できるようにし、お家を売却しやすくなります。


2017年12月18日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|
「うちの家は古いから検査しても仕方がない」と思われている方も

いらっしゃるかと思います。ですが、古い物件ほど

ホームインスペクション(住宅調査)をすることはお得なのです。

長く大切に住んできた家を次の家庭に引き継ぐ、

そんな時には必ずホームインスペクションをすることをオススメします!


2017年12月15日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

品質に対する不安を解消するには、今のところ建物調査や既存住宅性能評価書など

客観的に判断できる材料のある物件を選ぶか、自分で建物検査や耐震改修を行うしかありません。

 

建物調査の実施は売り主にも言えることです。

早く適正価格で自宅を売却したいなら、

建物調査をしたり、修繕・補修の履歴を残すなど、第三者が納得できる材料を用意すること。

そして、こうした考えが浸透すれば、品質のよい既存住宅が市場に多く流通し、選択肢が増えると思うのです。


2017年12月11日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|
「生活状況に合わせてリフォームが可能」「新築より安く購入できる」といった魅力から、

近年、中古住宅購入の需要が高まっています。

国は中古住宅の活用を促すため、【既存住宅流通・リフォーム推進事業】を掲げました。
時間が経つと同時に住宅ローンは残っていても住宅の価値がなくなるのではなく、
住宅を持っている人が、売りたいと思った時に売れる環境を作ることを目指しています。

そのような状況の中で欠かせないものが「ホームインスペクション(建物調査)」です。
中古住宅を、安全に、安心して購入したいと考える消費者の中で、ホームインスペクションの
利用は広がっています。


2017年12月08日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

申し訳ございませんが

対応していない地域もございます。

 

詳しくは検査事業者リストをご覧ください。

http://www.ietomachi.com/anshinkun/list.php


2017年12月04日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

ホームインスペクション(建物検査)は、外壁や基礎に不具合等の有無、雨漏りはしていないかなどを確認します。

住宅は多くの人にとって、人生の中で一番大きな買い物になりますので、住宅の売買をする際は、最大級の安心を得たいと誰もが思うことです。そのために、売り手側、買い手側のどちらでもない、第三者であるホームインスペクターが公平に住宅の状態を判断します。

2017年12月01日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

おうちの売却を考えたとき少しでも高く売却したいですね。

ここ数年で、新築を購入せず、中古住宅を購入し、

自分や家族に合わせてリフォームするといった暮らしの形が増えてきています。

中古住宅を購入するとなったときに
情報がある家、何の情報もない家
どちらを購入したいですか?

もちろん情報がある家のほうが安心ですよね。

ご自宅の売却を検討されている方は是非ホームインスペクションを行うことをお勧めします。


2017年11月27日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|
日本では、住宅を購入をした時点から価値は下がり始めます。日本は建物が資産になっておらず、建物の寿命は平均30年です。35年の住宅ローンの返済が完了する前に、住宅の価値はなくなっているかもしれないのです。

建物を資産にするためには、建物の適正な評価が必要です。そのため、建物の現状を検査をし判断をするホームインスペクション(住宅診断)は必須です。中古住宅流通が盛んなアメリカではこのホームインスペクションは常識となっています。中古住宅取引の際は、ホームインスペクション(住宅診断)の活用を今後は考えなければなりません。


2017年11月24日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

近年、お家の売却を予定している売主が
ホームインスペクションを依頼するケースが増えてきています。

 

問題点が発見されれば前もって修理しておけますので、

買主側も安心感を与える、物件の状態を理解して購入できる、などの

メリットがあります。

売却する側も購入する側も安心して取引を行うために
ぜひ、あんしんくんを利用されてはいかがでしょうか?


2017年11月20日 |総合|
中古住宅は、住宅の状態が異なり、専門的な知識がないと住宅の現状を把握することは難しいです。ここで注目されるのが「ホームインスペクション」(住宅調査)です。住宅の現状を売主や買主も理解ができるほか、売主は住まいの資産価値を正確に評価できたり、買主は安心して住宅を購入できる等、ホームインスペクションを行うことに多くのメリットがあります! 

2017年11月17日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

中古住宅を買う時、建物がどのような状況で、

どのくらいメンテナンス費用がかかるのか分からない不安がありますよね。

 

信頼できる専門家に見てもらえばその不安も解消できるかもしれません。

 

あんしんくんは第三者の立場からホームインスペクションを行いますので

依頼者へありのままの現状をお伝えしています。

 

今後のメンテナンスのアドバイスもお任せ下さい!


2017年11月13日 |総合|
ホームインスペクション(住宅診断)とは、“住宅のプロ”が“客観的に第三者の目線で住宅の現状を評価する”ことです。

「あんしんくん」では、その“住宅のプロ”である「あんしんくん」のホームインスペクターが豊富な知識を活かしてホームインスペクション(住宅診断)を行います!

住宅の売買の際は、ぜひ「あんしんくん」をご利用ください!


2017年11月10日 |インスペクション・住宅検査・中古住宅診断|

住宅の購入には多額の費用が掛かるため、できるだけ良い家、
維持管理がされていた家を購入したいですよね。
 

ホームインスペクションでは、

一般の方では見分けられない物件状況を把握できます。

 

購入した後で住宅に壁や基礎のひび割れ、雨漏りなど見つかれば、
リフォーム費用がかかる可能性も考えられます。

購入前にホームインスペクションを行うことにより、安心して過ごすことが可能です。