どんどん/いえかるて+住まいの維持管理サービス

Loading...

月々500円のいえかるて+住まいの維持管理
どんどんの活動内容・戸建て住宅管理・住宅履歴情報蓄積(いえかるて)に関する情報、最新10件を掲載しています。

既存住宅の売買は、建物の価値査定が難しく、融資も土地のみを担保にする中古住宅ローンの仕組みしか以前はありませんでした。
長期優良住宅では維持保全状況を記録保全することが定められており、「いえかるて」は、住宅の売主、買主双方の安心材料となっています。

耐震リフォーム

 

基礎の構造や壁の断面及び使用を把握し、耐震診断や耐震設計などに活用。

耐震改修をスムーズに行うことができなす。

新築時、リフォーム時に必要な情報をお渡しするとともに「いえかるて」に登録します。書類が「どこにあるか分からない」「あそこにあると思ってたのに」ということがなくなります。

設備機器のリフォーム

 

使用されている設備機器の型番や、給排水、電気配線の位置を把握。

新たな設備機器の選定や設備をスムーズに行うことができます。

性能向上リフォーム

長期優良住宅化リフォームや質の高い住宅、住宅性能向上のためのリフォームを行う際、「いえかるて」を活用することで申請書類を作りやすくなります。

 

フラット35リノベ

住宅金融支援機構の「フラット35リノベ」で既存住宅を購入する場合に「いえかるて」が役に立ちます。一定の性能向上リフォームを行うことに加え、住宅履歴情報の活用が義務づけられています。

●断熱リフォーム

床・壁・天井の断熱リフォームに、断面図や仕上表を利用。既存の断熱材の有無、種類、材厚などを把握し、断熱性能アップのリフォームをスムーズに行えます。

住宅の定期点検項目は、屋外、屋内及び設備機器などに分類され、その項目は多岐にわたります。

★チェック項目例

[屋外]
基礎:ひび割れ、不同沈下
外壁:割れ、浮き、塗装の剥がれ、シーリングの劣化
屋根:割れ、瓦のずれ、重みによるそり返り
軒裏:剥がれ、腐食、シミ跡
バルコニー:破損

[屋内]
床下:土台の腐朽、シロアリ被害
床 :軋み、傾き、床板の腐食
建具:戸当たりの隙間、および開閉不良
設備:水漏れ、詰まり、ガス漏れ

通常の定期点検でも一通りの点検は可能です。
しかし「いえかるて」を利用することによってより正確に短時間で作業を行うことができる上、点検結果を次回の点検に活用することができます。

●バリアフリーリフォーム(老夫婦のための介護がしやすいリフォーム)

図面から構造耐力壁の位置、壁面補強箇所等を確認し、廊下の拡幅や手すりの取り付けなど、バリアフリー改修を効果的に行うことができます。

中古住宅市場では、「いえかるて」があることで、見えないところについても住宅の状況を把握することができ、不動産業者が自信を持って仲介し、買主が安心して購入できることから、市場で住宅の価値が適切な評価を受けることが期待できます。
また、金融機関、保険会社、調査会社、鑑定評価会社などが迅速かつ的確に専門的な判断につながります。

将来必ず必要になる住まいの維持管理。住宅の詳細情報が無いと
その時になって困るのは、住宅所有者です。
あらかじめ点検や補修の時期を把握したり、
いざメンテナンスとなった時にすぐに情報が引き出せて便利です。






(34歳・女性)
定期的に我が家の情報を『定期管理報告書』という形でお伝えしていただけるので、 “きちんとお家を管理してくれてる”という安心感があります。

(45歳・男性)
マンションの管理費と比べ月々500円はお得だと思い契約させていただきました。たった500円で維持管理してもらい、国に認められた情報サービス機関に家の情報を蓄積していただくことで更に安心感と信頼感が生まれました。

(25歳・男性)
新築を建てたのですが、どんどんのセミナーを聞いて、子どもたちに残せる家になってほしいなと思い、どんどんを契約しました。

(30歳・男性)
今後、家の不具合など心配でしたが、3年に1度点検に来てくれるので、安心して住んでいます。

住まいの安心と資産価値向上
定期点検からデータベース構築・管理報告まで
月々500円の低価格

住宅履歴情報を管理するいえかるて
初期登録費 28,000円

いえかるてID発行に関して

九州 福岡県内、熊本県内、佐賀県内、長崎県内、宮崎県内、鹿児島県内(離島を除く)
四国  
中国  
近畿 三重県内、滋賀県内
中部 岐阜県内、静岡県内、長野県内、愛知県内、新潟県内
関東 埼玉県内、群馬県内、茨城県内、栃木県内
東北 宮城県内、山形県内
北海道